直線上に配置

診療方針の概要

@性病(性感染症)科・泌尿器科全般

A勃起不全(ED)治療
ストレスの多い現代社会においては、EDは増加傾向にあると思われ、
個人生活の質(QOL)の低下に繋がっています。心理的側面の強いEDですが、食生活の変化などによる動脈硬化や糖尿病などもEDの一因となっています。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの薬物療法がED治療の主体となっていますが、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病などの生活習慣病がある場合には、それらの治療も同時に行う必要があります。

B包茎治療
真性包茎、嵌頓包茎は、基本的には外科的に包皮を切除する必要があると考えます。古代ギリシャ・ローマなどの裸像に見られるように仮性包茎は生理的なものと考えられます。頻繁に亀頭包皮炎を繰り返す例では、包茎手術も考慮すべきです。割礼などの習慣が無いわが国では、手術に際しての傷跡が問題となってきます。
包皮の切除部位は大きく2つに分かれます。
欧米などで広く行われている内板(包皮の粘膜部分)を多く残す方法と
美容外科で行われている縫合部を亀頭冠直下に持ってくる方法です。
共に一長一短があり、施術に際しては、充分なインフォームドコンセントが必要です。

Cプラセンタ治療
プラセンタとは、胎盤の事をいい、この胎盤の中には多くの栄養素が含まれています。特に細胞活性化因子と細胞増殖因子が重要です。
中国では古くから滋養強壮・万老長にと利用され、新陳代謝の促進、自律神経やホルモンのバランス調整、免疫力の向上などが考えられます。
プラセンタ治療とは、ヒトの胎盤抽出物を注射する治療です。
現在ではアンチエイジングや美容自助で使用されることがほとんどです。精力増強作用も治験において証明されており今後ED治療の一翼を担うものと期待されています。但し、注意すべき事は一度でもプラセンタ治療を受けた者は献血が出来ないという事です。

性病でもないのに悩んでいる方を多く見かけます。
とにかく心配なことがあれば、送球に専門医にご相談される事をお勧めいたします。私の知識、経験、技能にも限りはありますが、皆様の健康と安心の為、最大限のサポートいたします。

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置